「シェアハウス絶対無理!」って人ほど絶対住んでみた方がいい理由

 

他人と住まいを共にする事に激しい抵抗を抱く全国の皆さんこんにちは。

シェアハウス歴はや3年、ブログで飯を食っているあんちゃです。

 

よく知人に「シェアハウスに住んでいるよ」と話すと

「え〜!よく他人と住めるね!私ぜったい他の人と一緒に住めない!!無理〜〜!」

という反応がよく返ってくるんですが、

 

大丈夫。わたしもそう思ってたよ。

他人と生活を共にするなんて死んでもゴメンだってね。

 

でもなんだかんだ住んでみたら、まじで楽なんですよ。「無理」って言ってる人ほど1回住んでほしいですね。

 

心配してるほどシェアハウスは疲れないよ

他人と一緒に住めないって思ってる人はきっと

「自分と他人の生活スタイルの違いで摩擦が起こりそうだから」

と思ってるのが主な原因でしょう。

 

自分のライフスタイルを崩されたくない。プライベートな空間を邪魔されたくないって。

 

でも意外とシェアハウスでも相部屋じゃなければ十分プライベートは確保されるし、自分の生活ペースも保てますよ。

もちろん他の人と共用で使うキッチンや洗濯、お風呂とかはすこしの気遣いが必要ですが、慣れればなんとも思わなくなります。

 

結局抵抗があるのはシェアハウスに住んだ事がないからです

「なんか大変そう」という勝手なイメージが湧いてしまってるからです。

 

大変なのは最初のうちだけで、共同生活に慣れたら楽しい面がたくさん見えてきます。
わたしはもう一人暮らしはできないなってくらいシェアハウスが楽しいですね。。。

 

他人に寛大になれる

もうひとつのメリットは「他人に寛大になれる」ことかなぁ。

 

自分と全くおなじ生活文化で育ってきた人なんていないので、家具の使い方や生活の過ごし方も全く異なるわけです。

だからキッチンに皿が置きっぱなしとか、

お風呂の換気扇まわしてないとか、

トイレの電気消し忘れてるとか。

他の人のささいな行動が気になることもあります。

 

「なんで皿をすぐに洗わないんだ!」とか「玄関の靴そろってない!」とかね。

 

でもそれぞれの生活観の違いがあるのは当たり前だし、とやかく言えるほど自分も完璧な人間じゃないよなって思うんです。

自分では当たり前にやっていることが、もしかしたら他の人にしてみればイライラするようなこともやってるかもしれない。

 

そう思ったら「きになるところは自分でなおせばいいか」って思えるようになるんです。

まあ度を超えて汚い過ごし方をしてる人とかはさすがに注意するけどね。(わたしは注意される側だけど・・)

お互いがそう思って過ごせるようになれば、快適に生活できるんじゃないかなーと。

 

摩擦がなければシェアハウスはメリットしかない

たぶんみんなが厄介だと思ってるところはきっと人間関係の摩擦がメインだと思います。

だからそこが解消されていたらシェアハウスは楽しいしラクだしほんとメリットしかないです。

 

わたしがいま住んでいる「ハイパーリバ邸」も、寛大な住民の方々によって支えられてます。。。

そんなわけで、シェアハウス絶対無理!って思っている人ほど1回住んでみてほしい!!

 

この記事を書いた人

あんちゃ

プロブロガー・Web編集者として活動中。ハイパーリバ邸の住人だが放浪しすぎてほとんど家にいない。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です